トップ >> 子供の誕生に注文住宅

自分の希望通りの注文住宅

建売住宅が業者が決めたデザインや間取りで建てられた住宅であるのに対し、注文住宅はそれらを全て自分で決めてから業者に建ててもらう住宅です。家族構成やライフスタイルに合わせた住宅にすることができるため、非常に住みやすいことが特徴です。外装はもちろん内装も自分の好みにできるため、愛着もわきます。費用は建売住宅よりも多くかかることが一般的ですが、使用される部品や素材などを安価なものにすることもでき、その場合は建売住宅よりも安くつきます。このように注文住宅は、すべてにおいて自分の希望通りにできる住宅なのです。

注文住宅に住みたいと思ったら

納得のいく家を造るには、3回造らないと造れないと言われています。理由は色々あると思いますが、実際に住んでみないと分からない事が多いからだと思います。注文住宅を作る際に、設計士さんと打ち合わせをしても、図面上だけでは想像は難しいです。最近では、図面を立体的に見られるパースが主流ですが、身体で感じないと分からない事も多いものです。そんな時は、モデルハウスや完成見学会に行くのが良いと思います。大きさの感覚が分かりますし、いろいろな方の注文住宅は、自分の家を造るときにも参考になります。

不動産投資成功への情報